PR

【自分の時間を作ろう】0円で出来る家事の時短テクニック【14選】

生活改善

好きな趣味や副業に挑戦したくても、仕事や家事で忙しい人がほとんどです。

よくある、「ドラム式洗濯機を買えば~」なんてことは言いません。この記事では、0円で出来る時短テクニックを紹介します。

何か1つでも参考になれば幸いです。

この記事がおすすめな人
  • 自由な時間が欲しい
  • 家事を減らしたい
  • お金をかけたくない
  • めんどくさがり
スポンサーリンク

掃除の時短【3選】

こまめに掃除する

掃除は汚れが酷いとやる気が出ません。なので、普段から少しずつ掃除するのがおすすめです。

洗面台の水垢や、キッチンの汚れは定期的に拭けばそこまで頑固な汚れになりません。

ティッシュなどを近くに置いておくと便利です。

→ティッシュが勿体ないという方は、洗濯する前のタオルを使うのがおすすめです。

床に物を置かない

床に物があると掃除機をかけるときに邪魔で、掃除に加えて「物を動かす」という手間が増えます。

学生時代、体育館掃除より狭い教室掃除の方が面倒だったのは、机が原因だと思ってます。

棚を外す

使っていない棚を外すと掃除が楽になります。

なぜなら、表面積が大きいほど掃除が大変になるからです。

僕は冷蔵庫の様々なケースを外していますし、キッチンの一番上の棚も外しています。

  • 掃除がシンプルになる
  • 高い位置に物を置かないから脚立不要

特に頭より高い位置の棚を外すと、掃除だけでなく安全面からもメリットがあります。

洗濯の時短【オンリー1】

ハンガーにかけたまま収納する

あるとき「なぜ、洗濯物を畳んでいるのか」と思ったことがあります。

せっかく畳んでも、着るときは広げるのがなんか嫌でした。

服が少ないなら、洗濯物が乾いたらそのままクローゼットへ収納するのがおすすめです。

ちなみに、ハンガーを買い足すのは最終手段です。まずは、衣類を減らすことから始めましょう。

料理の時短【4選】

小分けにしない

料理を出すとき、1人に1枚ずつお皿を用意していませんか?

なるべく、1つの料理に対して1枚のお皿で出すのがおすすめです。

皿の枚数だけ盛り付ける手間が増えますし、洗い物も増えるので家事が大変になります。

献立はパターン化する

365日間、献立を考え続けるのはかなり頭を使います。

とりあえず、1週間分の大まかな献立をルーティン化しましょう。

いろんな食材を食べてほしいという気持ちも分かるので、曜日ごとに「肉」や「魚」と選択肢を絞ると献立を考えやすいです。

品目を増やしすぎない

先ほどの話にも繋がりますが、品目を増やすと皿や調理の手間、献立を考える手間も増えます。

これもバランスの良い食事を心がけているからだと思います。それなら、1品目に多くの食材を取入れてみてはどうですか?

スープや混ぜご飯など、多くの食材を使う献立がおすすめです。

カット野菜やお惣菜を活用(実質0円)

コスパは落ちますが、カット野菜を活用すると便利です。

特に、一人暮らしだと普通に野菜を買っても使いきれないので鮮度が落ちます。

お惣菜もたまに活用することで時短になりますし、外食よりは安いです。

買い物の時短【5選】

スーパーを1箇所に絞る

安い食材を求めてスーパーをはしごする気持ちは分かりますが、そこまで節約にならないのも事実です。

食材は安くなるかもしれませんが、移動に掛かるガソリン代と時間がかかります。

スーパーを1つに絞ることが一番の節約であり、一番の時短なので家事が減ります。

必要な物をメモする

意外とメモは大事です。必要な物を見返せるので、余計な買い物が減ります。

これもお金と時間の節約になるので、家事を減らすことにつながります。

人が混む時間に行かない

レジの待ち時間がかなり勿体ないです。

特に平日の夕方や、休日の12時はレジが混んでいます。

おすすめのタイミング
  • 食材がなくなる前日の夜
  • 休日の開店時間

「仕事終わりに行かないと食べ物がない!」となる前日の夜に買い物へ行きましょう。

レジが空いていますし、半額の商品が多いのでおすすめです。

キャッシュレス決済を活用

お釣りの端数を綺麗にしようと、小銭を選ぶのはかなり手間です。

極論ですが、全員がキャッシュレスになれば、レジは今よりもスムーズになります。

お会計の手間もそうですし、ポイント還元もあるのでお得です。

ネットショッピングを活用

そもそも買い物に行かないのも一つです。

スーパーが閉まっていても、ネットなら24時間注文できます。

食材は厳しいので、日用品だけでもネットで済ませるとだいぶ時短につながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました